お電話でのお問い合わせ

0749-22-0022

受付時間:9:00~18:00
定休日:日曜・祝日
「このWebサイトから自動的に電話をかけることは禁止されています」と表示されることがありますが、問題はございません。

引っ越しの流れ

お客様にご用意いただきたいもの

お客様にご用意いただきたいもの

お墓のお引越しをする前に、下記をご用意ください。

本人確認書類
  1. 健康保険証
  2. 運転免許証
  3. 住民票
  4. 戸籍謄本

上記のうち、いずれかのコピー

お客様にしていただきたいこと

お客様にしていただきたいこと

お墓のお引越しに際して、ご親族との話し合いや各種手続き等、お客様側で行っていただきたいことがございます。ご不明な点は弊社が責任をもってお答えいたしますので、安心して手続きを行ってください。

  • ご親族の同意を得る
    埋葬されている方の縁故者の皆様と十分な話し合いをし、同意を得て、引越しのご意向を確認しておきます。
    お墓に関することを決める場合には、民法上の「祭祀承継者」の意向が決定的に重要です。権利保有者間でよく話し合い、どなたが承継権を持つのかを決め、その上で権利保有者全員の意見をまとめて同意を得ることが大事です。同意を得られた際は、権利保有者全員直筆のサインによる書面を残しておくと良いでしょう。
  • お墓の引越し先を決定しておく
    新しいお墓に遺骨を移す場合には、当然ながら新しい受け入れ先を確保しなければなりません。お墓の引越先はどうするのかを予めご検討ください。
    引越先をお客様のほうでご契約された場合は、引越し先の住所と正式名称をお知らせください。引越先をどうするのか悩んでいる方は、ご相談いただければ弊社からご提案いたします。
  • 引越元の墓地管理者へ連絡する
    現在のお墓のある墓地や寺院などに、お墓の引越しをする旨の連絡をします。
    その際は、より早い段階で引越しの意向を伝えておくことが大事です。現在のお墓の契約者や墓地の正式名称・住所をあらかじめご確認ください。
  • 状況に応じて手続きにご協力ください
    既に埋葬されている遺骨を取り出すには、その墓所のある自治体から発行される「改葬許可証」が必要となります。お墓の引越しの手続きは市区町村役場ごとに異なります。
    状況に応じて、お客様に確認や書類への署名捺印など弊社よりお願いさせていただきます。
お引越しの流れ

お引越しの流れ

お墓の引っ越しの流れは大きく分けて7つの手順がございます。

1ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ

お墓の引越しをする前に、親族の方とお墓をどうするのかを話し合い、意向が決定しましたら代表者の方よりご連絡ください。霊園や寺院などの中には、改葬を受け入れていない場合があります。改葬を受け入れているかどうかの確認が必要です。

2遺骨の引越先を確保
遺骨の引越先を確保

引越しの意思が決定したら、遺骨の引越し先を探しましょう。

  • お客様の方で引越し先が決まっている場合

    引越し先の墓地管理者様より「受入証明書」を、引越元の墓地管理者より「埋葬証明書」を発行してもらいます。

  • 引越し先が決まっていない・相談したい場合

    弊社提携の寺院にて永代供養や樹木葬をおこなっております。また、改葬に必要な書類手続きは煩雑です。ご面倒な方は、弊社提携の行政書士による代行サービスもございます。代行サービスが必要な方は、お見積り前にご相談ください。

発行してもらう書類
  1. 受入証明書
  2. 埋葬証明書
3必要な申請書の取り寄せと提出
必要な申請書の取り寄せと提出

改葬元の市区町村役場にて「改葬許可証」の発行申請を行います。
発行には「改葬許可申請書」「受入証明書」「埋葬証明書」の3点が必要です。
さらに、現在の墓地の使用者と改葬の申請者が異なる場合は、墓地の使用者が改葬を承諾することを証明するため、墓地使用者から「改葬承諾書」を発行してもらいます。

提出する書類
  1. 受入証明書
  2. 改葬許可申請書
  3. 埋蔵証明書
  4. 改葬承諾書
  • 申請書は自治体により書類が異なりますので予めご確認ください。
  • 改葬許可申請書は遺骨1体につき1通です。
発行してもらう書類
  1. 改葬許可証
  • ご要望があれば、改葬に必要な書類手続きは全て行政書士が代行いたします。
4引越元の現地調査とお見積り
引越元の現地調査とお見積り

引っ越し元のお墓の面積や立地など現地にて確認を行い、お見積を提出いたします。
お見積の金額でよろしければ、工事日程を決めご契約を締結します。
ご契約締結後より10日以内に、工事金額の半額をお支払いください。

5閉眼供養と墓石の撤去工事
閉眼供養と墓石の撤去工事

お墓の引越しを行う前に、お寺様に経をあげていただき、お墓に入っていた魂を抜きます。お墓から遺骨を取り出す際には、「魂抜き」「閉眼供養」と呼ばれる儀式を行います。
そしていよいよ引越しを行います。工事は石材店などに墓石の撤去工事や墓地を更地に戻すことはもちろん、お墓の撤去工事の際に伴う「遺骨の取り出し」を依頼します。引越しの工事は、経験豊富で実績のある石材店が実施いたします。

6離檀・ご供養
離檀・ご供養

現代では檀家制度へのなじみは薄くなっていますが、檀家としてお寺にお墓を守っていただいているということです。引越しをする場合には檀家を離れるということを意味します。檀家を離れる際には、これまでのお礼を込めて「離檀料」をお寺に納めます。そして、新たなお墓や合同墓などに納骨する場合には、墓地管理者に「改葬許可証」を提出して納骨をします。宗旨宗派によって異なりますが、納骨の際には「魂入れ」、「開眼供養」と呼ばれる法要を行うのが通常です。

発行してもらう書類
  1. 改葬許可証
NOTE離檀料の交渉等について

お墓の引越しは、檀家を離れるということを意味します。離檀料は一種のお布施であり、明確な金額の決まりがないことがほとんどです。離檀の阻止のため、お寺から高額な離檀料を請求されたなどの事例も見受けられます。しかし、離檀料を支払う法的な根拠や義務は無いことが一般的であると考えられます。いずれにしても、お寺とのお付き合いの度合いにより断定的に金額を決定することができませんので、事例に応じてご相談やアドバイスできる専門家をご紹介させていただきます。

7工事報告書のご提出・お支払い
工事報告書のご提出・お支払い

工事完了報告書をご提出させていただき、完了となります。
ご確認後3営業日以内に、残金をお支払いください。

永代供養を行う提携寺院のご案内

天台宗 明星倫寺 泉明院
天台宗 明星倫寺 泉明院

泉明院は天台宗成菩提院の末寺で、日本の天台宗の開祖であり、伝教大師として広く知られる最澄が自ら彫った薬師如来像が安置されているといいます。
当院は延暦年間(782-806)伝教大師が東国に遊化されしおり柏原に投宿したとき、東方より金色の光がさし来て窓を照らすのを見て、本尊薬師如来並びに十二神将を大師が自刻し、明星池上に降りたる奇瑞によって山を明星(阿加保志)、寺を明星輪寺(後に又泉明院と名付)と称しました。
寺院は、名神高速伊吹PAのさらに南の山の中腹にあり、地元の人にとってはなじみの深い、由緒ある寺院でございます。

住所:滋賀県米原市柏原3423